トップ > プロフィール
ご挨拶 〜青山の稜線〜

私は心臓外科医です。
勤務先は学校法人昭和大学です。教授職を拝命しています。
するとよく、「大学で講義する時間など手術以外の仕事が増えて、手術をあまり執刀できなくなったのではないですか?」 などと尋ねられますが、そんなことはありません。
私の日常はここ20年変わっていません。ついでに言うと、私の周りでサポートしてくれるスタッフも、これまでと同様、変わりません。
もちろん、大学病院という巨大な「機関」で教授職という要職を賜った分、それだけの責任が増え、それらは今まであまり経験したことがないことでしたが、これも勉強です。

私は34歳で鎌倉で心臓外科部門を任され、心臓外科医として独立して以来、一心不乱に心臓外科手術を執刀しています。その間、病院を移るたびにその施設の心臓外科部門をゼロから立ち上げる、あるいはリニューアルする大役を仰せつかりました。どの施設においても心をウキウキさせて挑んだ新たな挑戦でした。そしてどの施設でも、スタッフの多大なるご助力もあり、それなりの成功を収めることができました。今から思えばそういった経験は、いろいろとつらいこともありましたが、本当に貴重なものでした。
各病院でのスタートは人材不足、物品不足、周囲の無理解など常に悪条件にさらされ、孤軍奮闘、行きあたりばったりの対応しかできないこともありました。が、そこからの成功の体験はみな心から懐かしい、つい笑みがこぼれる楽しい思い出に満たされています。

私は類まれなる、幸運な心臓外科医であります。
強運と友人、支援者に恵まれ、常に山の稜線を踏破し、いくかの青山の頂を超えて来たのです。
そんな私が2015年10月、大学病院で職を得ました。
前述のごとく、毎夜明日の手術のことで思い悩む手術三昧の日常は以前と何ら変わり映えしないのですが、大学病院で全くの新機軸の挑戦に取り組もうと、今まで以上に心を弾ませております。

これまでと同様、皆様のご支援を賜れますよう、お願いいたします。
これから出会う皆様とは、見たこともない、想像したこともない、全く新しい未来をご一緒に創成できることを期待する次第です。
さらに高みにある青山の頂に向かって、一歩一歩を踏みしめております。

プロフィール

南渕明宏(なぶち あきひろ)

南淵明宏(なぶち あきひろ)
昭和大学横浜市北部病院 循環器センター 教授 成人心臓血管外科担当
心臓血管外科専門医、同指導医
日本外科学会専門医、同指導医
日本循環器学会循環器専門医
臨床研修指導医(厚労省)
医学博士、岡山大学非常勤講師、麗澤大学客員教授

医師としての略歴・・・修練時代
1983年3月


1985年5月


1987年4月


1989年4月


1991年11月


1992年7月
奈良県立医科大学医学部医学科卒業
奈良県立医科大学付属病院第三外科研修医。北村総一郎教授に師事。

国立循環器病センター心臓血管外科レジデント
藤田毅、小原邦義、八木原克俊、川副耕平等に師事。

国立循環器病センター研究所心臓生理部研究員
二宮石雄部長に師事。

St. Vincent’s Hospital, Sydney, Australiaでoversea fellow, cardiothoracic surgery
Mr. Alan Farnsworth, Mr. Victor Chan(張仁謙)に師事。

Singapore National University Hospital(国立シンガポール大学附属病院)
Cardiac surgery senior registrar Prof.ChenNung Lee(李俊能)に師事。

新東京病院 心臓血管外科科長
須磨久善医師(当時三井記念病院)に師事。天野篤医師からご指導。
  • 1983年3月
  • 奈良県立医科大学医学部医学科卒業
  • 奈良県立医科大学付属病院第三外科研修医。北村総一郎教授に師事。
  • 1985年5月
  • 国立循環器病センター心臓血管外科レジデント
  • 藤田毅、小原邦義、八木原克俊、川副耕平等に師事。
  • 1987年4月
  • 国立循環器病センター研究所心臓生理部研究員
  • 二宮石雄部長に師事。
  • 1989年4月
  • St. Vincent’s Hospital, Sydney, Australiaでoversea fellow, cardiothoracic surgery
  • Mr. Alan Farnsworth, Mr. Victor Chan(張仁謙)に師事。
  • 1991年11月
  • Singapore National University Hospital(国立シンガポール大学附属病院)
  • Cardiac surgery senior registrar Prof.ChenNung Lee(李俊能)に師事。
  • 1992年7月
  • 新東京病院 心臓血管外科科長
  • 須磨久善医師(当時三井記念病院)に師事。天野篤医師からご指導。
医師としての略歴・・・independent surgeonとして独立後
1993年10月

1996年9月

2010年12月

2015年10月
湘南鎌倉病院 心臓血管外科部長

大和成和病院 心臓血管外科部長、後に院長(小坂眞一医師からご指導)

大崎病院東京ハートセンター、センター長(遠藤眞宏医師からご指導)

現職(昭和大学横浜市北部病院循環器センター教授)
  • 1993年10月
  • 湘南鎌倉病院 心臓血管外科部長
  • 1996年9月
  • 大和成和病院 心臓血管外科部長、後に院長(小坂眞一医師からご指導)
  • 2010年12月
  • 大崎病院東京ハートセンター、センター長(遠藤眞宏医師からご指導)
  • 2015年10月
  • 現職(昭和大学横浜市北部病院循環器センター教授)
昭和大学以外での活動
札幌ハートセンター心臓血管外科スーパーバイザー(2012年就任)

医療法人おもと会大浜第一病院心臓血管外科スーパーバイザー(2012年就任)
外来診療
毎週 水曜日 午前:稲波脊椎関節病院(品川区東品川3←臨海線「品川シーサイド」)

毎週 水曜日 午後:南町田病院(町田市鶴間←田園都市線「南町田」)

毎週 木曜日 午後:昭和大学横浜市北部病院(横浜市都築区←地下鉄「センター南」)
医師になるまでの略歴
昭和33年3月3日 大阪生まれ
小学校四年生まで奈良県橿原市八木の晩成小学校、その後大阪市阿倍野区苗代小学校に転向し卒業。明法学院中学校・高等学校(東京都東村山市)で6年間寮生活。卒業して医学部受験するが現役では不合格。一浪して奈良県立医科大学医学部医学科に入学。 浪人時代は当時 大阪の豊中市にあったYMCA予備校に一年間通った。